絵本「あなたがおとなになったとき」

 絵本「あなたがおとなになったとき」は、文 湯本香樹実さん、絵 はたこうしろうさんによって制作されました。
 本書は、新しい世界へ ふみこんでいく 、あるいは、今いる場所を窮屈に感じてしまっている子どもに読んで欲しい絵本です。そして、同時に大人にも読んで欲しい一冊です。きっと大人が読むと、青春期ないしはそれ以前の、自分の感情を言葉でうまく伝えられなかった内的世界を想い起こすことになり、あの頃、感じた純粋な願い、苦しかったことが、これまでの人生でどのように昇華されて、いまの支えになっているのか、あらためて考えられる内容となっています。
 本書の特徴として、子どもの「静と動」、「内と外」が、湯本香樹実さんの言葉と、はたこうしろうさんの絵によって上手く表現されていることが挙げられます。ページを繰ると、空、海、森など、どこまでも続く世界、まだ知らない世界への憧憬が色鮮やかな色彩で描かれており、反対に日常的に子どもが生活をしている学校内は、光から閉ざされた窮屈な世界としてほとんどが黒で覆われています。
 風や鳥が象徴的に描かれているのも特徴と言えるでしょう。あたらしい世界を見たい、その世界へ飛び出していきたいという、内から生まれる抑えきれない衝動が風や鳥によって描かれています。また、右から左へ進む時は未来へ、反対に立ち止まって右を向いている時は過去を振り返っている、そのような周到に練られた構成を見てとることもできます。殊更に言葉で説明するのではなく、絵によって視覚的に子どもたちの内的世界が伝わってくる、まさに絵本ならではの表現と言えるでしょう。
 とても個人的な願いですが、新しい世界へ ふみこもうと準備をしている子どもに、大人が本書をプレゼントをして、読後に一緒に話す機会があれば良いなと思います。あのとき願っていたこと、あのとき苦しかったこと。それらとどう向き合ってきたのか、大人が子どもたちに伝える。そして、もし可能ならば、今現在、子どもが向き合っていることを聴く。本書を通じて、そのような機会が生まれたら嬉しく思います。
(文 佐々木新)

 
 

絵本「あなたがおとなになったとき」
文 湯本香樹実
絵 はたこうしろう
出版 講談社

Leave a Comment